子どもたちの自然体験、海を学ぶ機会の提供、域内・世代間交流による新たな里海コミュニティー創出

FrontPage

a:26317 t:1 y:9
あなたは  26317番目  のお客様です。

須磨海岸生物調査研究所

私たち【須磨海岸生物調査研究所】
神戸・須磨の海を拠点に生物の調査研究を行いながら、
こどもたち自然体験海を学ぶ機会を提供し、域内 & 世代間交流による新たな里海コミュニティー創出を
目指して活動しています。

2017年も、海の生き物をいっぱい楽しみましょう!

「なにか岩にひっついてる!」 ルーペを上手に使って観察中 アメフラシの多い年


談話会のご案内

生き物をじっくり観察してみると、その生物の様子だけではなくhabitat(生息地・生息域)の状態まで理解が深まることがあります。自ら気づくこともあれば、観察の際にいっしょにいてくれるかたの話で視野が広がることもあります。

今年の当会活動は、談話会からスタート。
講師には、ご一緒するたびに視野が広がる宝物のようなかたに来て頂きます。
大阪湾の現状をお聞きするこの恵まれた機会を、皆さまも是非お楽しみください。

日 時: 2017年1月28日(土)15時~17時ごろ

場 所: 須磨浦漁友会(神戸市須磨区須磨浦通6丁目8)arrowアクセス

費 用: 無料(学童(小学生)は保護者同伴でお越しください)

テーマ: 温暖化による大阪湾・瀬戸内海の生物の変化

講 師:  鍋島 靖信 氏(大阪海区漁業調整委員会専門委員)

申込み: 準備のため、できれば事前のご連絡をください。
       info★sumakaigan.org まで(★を@にかえてください)
       メールの件名: 談話会参加
       参加人数
      ※ 携帯メールアドレスからの申込に返信できないケースが多いので
        できるだけPCのメールアドレスからお申し込みください。

申込み無しでの当日ご参加も、ご遠慮なく!


ソーティングを楽しむ子ども達

【次回のメガロベントス調査】

須磨海岸生物調査研究所では、神戸沖の小型底曳網で
とれた生物の調査を行っています。お気軽に
ご参加いただき、調査へのご協力もお願いします。
(これまでの様子 → http://sumakaigan.org/index.php?benthos

【2 月】2017年2月18日(土)
       13時集合(17時頃解散予定)

【場 所】須磨浦漁友会(神戸市須磨区須磨浦通6丁目8)arrowアクセス

【内 容】
冷凍サンプルを解凍後、生物の種類ごとに分類して種名を調査記録していきます。
作業のお手伝いををしながら、珍しい生物たちの観察ができます。

【持ち物】
1. 軍手、タオルなど
2. ルーペ、デジカメ、筆記用具、水筒など各位必要なもの

【対 象】小学生以上(学童は保護者同伴)

【参加費】無料 

【その他】活動協力金のお願い 
研究所の活動や趣旨にご賛同いただける方に、運営協力金のご寄付(1口500円)をお願いします。ご協力いただいた方には、これまでの調査記録を写真でまとめた
「神戸沖合の生物」の資料冊子を1口につき1部配布させていただきます。
※ 事前にご連絡ください。

【申込み】
下記の情報で、info★sumakaigan.org まで(★を@にかえて)
お申し込みください。
  0. メールの件名: メガロベントス調査参加
  1. 代表者氏名
  2. 参加人数
  3. 電話番号
  4. 「資料冊子」希望の場合のみ: 必要部数を事前にお知らせください。
  5. E-mail  
    ※ 携帯メールアドレスからの申込に返信できないケースが多発しております。
      できるだけPCのメールアドレスからお申し込みください。

* 参加費を徴収しないため、主催側では保険に加入しませんので予めご了承ください。

それでは、皆さまのご参加をお待ちしております。


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional